女性建築士

家族のこと

女性不動産屋&女性建築士として、家について思うこと

不動産屋はついつい家を資産価値の尺度で見ることが多い。 いつも「売りやすいかどうか」を考える。 建築家は家を美しいかどうかで考える。 心地いいか、オリジナルな工夫があるか。 女性は家を家族の愛を育む器として考える。
家族のこと

のりのりの爆笑一級建築士受験奮戦記 その2

一級建築士試験は、そう簡単に合格させてくれない。 結局、2回目の製図試験のみのときも合格できず、 迷ったが、3回目はまた1次試験から受けた。 1次試験はまたパスできた。 今度こそ最後!と思って、製図試験を頑張った。 いけたと思っていた。
タイトルとURLをコピーしました