都会と田舎の両方の暮らしを楽しむ デュアラーたちの生活

家族のこと

都会に住みながら、週末は田舎で過ごすデュアラーと呼ばれる人たちが増えているそうだ。

デュアラーは、田舎に安い家を見つけて、金曜の夜、単身又は家族で移動し、

週末を自然豊かな田舎を満喫するという生活スタイルだ。

内容を入力してください。

 

郊外に庭付き1軒家を求める人が減り

なるべく都心に住むという人が増えたことにより、

そんな人たちの、自然への欲求がそうさせているのだと分析される。

私も北海道に行った時、夏に2ヶ月ぐらい住めるといいなあと思ったものなあ。

以前は、セカンドハウスは、お金持ちが持つものというイメージだったが、

デュアラーは違う。

年収400万円以下でもデュアルライフ(2拠点生活)を楽しむ人も多い。

デュアラーのある人は、田舎の空き家を安く購入し、DYIでリフォームしている。

田舎生活に加え、DYI自体を楽しみ、大きな満足を得ている。

 

田舎暮らしの拠点としてシェアハウスを利用する人ももいる。

15人でシェアし、年間5万円の賃料でデュアル生活を手に入れている人も!

住居費が安く上がるというメリットのほかに、

合同バーベキューを通して、違う地域の年齢も違う人との、暖かな交流を持つことができる。

周りの豊かな自然環境や、広い敷地の中で各々気ままにやりたいことをやって過ごす。

小さな子供を遊ばせる環境として、デュアル生活を選択する家族も多い。

子供達の遊び場には事欠かない。周りには遊び場になる自然環境が豊富だし、

お父さんがウンテイなどの遊具を手作りしたりする人もいる。

私も、自然環境豊富なところで、子育てしたいとおもったもんなあ~。

デュアル生活において、子供の大事故が起きたというデーターもなく、アンケートによると「大満足」と「ほぼ満足」と答えた方が全体の4分の3 に登り、生活の向上につながっていると判断できる。

いかがでしょう?

デュアル生活、あなたはやってみたいですか?

『家いちば』というサイトでは、空き家の販売情報など、ちょっと変わった情報が掲載されているそうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました