低温火傷をしてしまったら ・・思ったよりずっと重大ごとだった

健康

 

皮膚の皮がめくれてびちゃびちゃ汁っぽくなった赤い部分深度2浅い

白っぽい部分があったら、そこは深度2深

私は可愛い我が子に低温火傷をさせてしまった。

足を痛そうにしていたので、温めるタイプの治療器を当てていた。

以前、父親が肋骨を折ったかもしれなかった時、それでかなり楽になったからだ。父親は、同じように長く当てていても、気持ちいだけで、熱いと感じなかったので、まさか子供が低温火傷をするなんて夢にも思っていなかった。

なんか急に激しく泣き出してやっと気付いたのだ。

すでに、皮がめくれていた。

取り急ぎ、ゲンタシン軟膏を塗ってガーゼを当てた。

翌日皮膚科に行ったら、おじいちゃん先生に冒頭のように診断された。

処方されたのは、やはりゲンタシン。

「毎日、風呂に入り、患部を石鹸でよく洗い、またゲンタシンを塗って、ガーゼを当ててください」

という指示だった。

週が明けて養護学校に行ったら、先生に呼び出されて

包帯に汁が滲み出ているので随分心配され、大きな病院へ行けとのこと。

仕方なく大きな病院の形成外科を受診した。

すると、やはりおじいちゃん先生の言う通り

毎日石鹸で洗い流し、ゲンタシンを塗りなさい。

塗るのは1日1回で良い、と全く同じ指示。

はじめは三日後、それ以降は1週間に一度患部を見せに来るように言われた。

(薬は少しずつ変わる)

傷は、だんだんひどくなるように見えた。

白い皮が張ってきて、

医者は「これが死んでしまった皮膚だから、早く取れるといいのよ」

と、一部ハサミで切り取った。

「血は出るけど、その方が治ろうとしていていい状態なのよ」

と教えてくれた。

白い皮が取れた後、なんだかえぐれて、より一層痛々しく思った。

ある日、診察に行くと、いつもと違う男の先生だった。

その先生は「皮膚移植を考えるレベルの火傷だ」

と突然言った。

「もう皮膚の細胞が死んでしまってないから、下から皮が張ることはない。

周辺から少しずつ伸びていくしかない。この大きさだと、どうかなあ…」

今までの女性の先生には、「古い皮膚がとれてよかった。

血が出るのはいいことだ」と順調に良くなっていると思わされていたので、

驚いた。改めて、なんと可哀想なことをしてしまったかと思った。

この日、ちょうど火傷をして1ヶ月ぐらい経った頃だった。

でも、次にまたいつもの女性の先生に診てもらったら、「それは一つの選択肢だけど、このまま皮膚が再生されるのを待ってみてもいいと思う」ということだったので、ホッとした。

そろそろ2ヶ月。

今は、周辺から皮膚ができつつある。

そして本人は、今まで以上に活発だ。

今まで移動しなかった場所へ行ってみたり、

テーブルの下にはいりこんだり、

大きな声をだしたりあ、ゲラゲラっと笑ったり。

怪我などしてるとは忘れてしまいそうな勢い。

全身の血流が良くなってるのかなあ…?

今後の治癒までの様子は、また報告したい。

でもいま、書いたのは、私がそうだったように、

低温火傷ををさせて焦っている人がいたら、

読んでもらいたいから。

そして、皮膚移植を宣告されても、それぞれの医師の考え方が違うので、

よく確認されてからにすることをお伝えしたいから。

私は、息子の火傷は、きっとキレイに良くなると信じている。

いつかそんな報告をしたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました