建物が倒壊して人が死ぬようなことがあってはならない

失敗しない家づくり

1995年の阪神淡路大震災で亡くなった方の多くは、建物の倒壊や家具の転倒による圧死だった。

家族を守り、愛を育むはずの家(建物)によって、尊い命をなくしてしまうなんて。

そう思った一人の男が立ち上げたのが、日本木造住宅耐震補強事業者共同組合(木耐協)だ。

私も、その協会の組合員だ。

 

東日本大震災の時、私はたまたま、古い木造住宅に住んでいた。

壁がほとんどなく、窓とふすまの間仕切りだらけの家だった

大きな地震がきたら、すぐにつぶれると思った。

その速さは、揺れ始めからたったの20秒程度だ。

阪神大震災の時のように、寝ている時間だったら、きっと逃げようもない。

うちには、自分で逃げることのできない双子がいる。

二人を抱っこして逃げ出すことは無理だ、と判断した。

「すぐ引っ越さねば」そう思った。

この家が危ないと知りつつ、家がつぶれて子供を亡くすなんていうことが

あっていいわけがない。私は建築士だ。

 

住宅の耐震リフォームは、費用が掛かる。

平均的な工事費は150~200万円。

そうだとしても、高い確率で来るといわれている大地震に対して

準備すべきではないかと思うのだ。

地方自治体(市町村)によっては、補助金が降りるところもある。

家族を亡くしたくないではないか!

窓の大きい開放的な家は、新しくても要注意だ。

昭和56年に、建築基準法の改正があり、それ以降の他物を、新耐震基準としているが、実は、熊本地震の分析の結果、昭和56年から平成12年の間の建物も、要調査だ。

 

しかし、費用がどうしても捻出できない人には、

耐震部屋を造るのはいかがだろう?

シェルタールームだ。

夜寝るのはもちろんだが、昼間も地震に気づいたらすぐに駆け込む。

20秒以内に駆け込む。そこに、非常袋も備えておく。

そんな部屋だ。

それは、作り方にもよるが40~50万円か?

建物は倒壊しても、命を守るということに注力するのも有りだと思う。

建物が古いのに、何もされないなら、せめて2階に寝るようにしよう。

 

家にいるときに被災するとは限らない。

家族で集合場所を決めておくのも大切。

とにかく、家族が集まれるように、取り決めを考えよう。

 

建物は、家族を守るものでなくてはならない。

深い悲しみに基づく経験者の熱い思いを、わたしは、少しでも伝えて、広めていかなければならない。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました