失敗しない家づくり

お金のこと

女性建築士が考える、幸せを生む家づくりで大切なこと

家を持つときは夢いっぱいである。 どんな家でどんな新しい生活が待っているのか、、? たいていは結婚、子育て、転勤など人生の節目で家を持つまたは変わることが多い。 新鮮な気持ちで新しい家に住む やっと持てた我が家に感じる嬉しい気持ち それはどのくらい続くのかな?
メンテナンス、リフォーム

家づくりにおいて設備の寿命を考える 建物は40~100年、設備は7年~18年

イレやエアコンや給湯器などの設備は、年々進化し、機能や形態が変わってきている。 トイレは、タンクレスタイプがスタイリッシュで人気がある。 ところが、弊社で新築するお客様の多くは、昔ながらの組み合わせトイレを選択されるお客様も多い。なぜか?
失敗しない家づくり

一人親方大工と一級建築士の夫婦でおこなう施主も楽しい家造り

私は自分やお客さんの夢を図面にする 夫が形にしてくれる 私は、夫が建てる家の設計しかしない 私の考えをわかってくれるし、伝えやすいから。
失敗しない家づくり

建物が倒壊して人が死ぬようなことがあってはならない

1995年の阪神淡路大震災で亡くなった方の多くは、建物の倒壊や家具の転倒による圧死だった。 家族を守り、愛を育むはずの家(建物)によって、尊い命をなくしてしまうなんて。
健康

家づくりは形のない夢を形にする3Dスキャナーのよう

新築は、今ないものを3次元で実現させる行為。 お客様のイメージの中にある家を具現化させる 言ってみれば3Dスキャナーのようなものだ。 私がお客様の要望をスキャンする係だ
失敗しない家づくり

湘南の女性建築士、自宅二世帯住宅を建てる!

3年前、私は二世帯住宅を建てて、今住んでいる家に引っ越した。 <考慮したこと> ・40年愛着を持って住める家を!と思った。 ・災害がきても、避難所にいかなくてもいいようにと考えた。
失敗しない家づくり

安く良い家を建てる方法ーー迷ったところはあとで工事する。も、一つの選択肢

あとからでは直しにくくて、家の性能にかかわること たとえば、窓、断熱などは妥協せずいきたいものです。
メンテナンス、リフォーム

空き家対策について考える

老後の費用について、家族で考え、話あっておくことはとても大切。 元気なうちは、どちらからも言い出しにくいが、 そうしておかないと、あとで大変なことになる可能性も! この兄弟はその後どうなったか? 他人事ではないよね? こんな問題へのとてもよい対策に 「家族信託」がある。
お金のこと

自然素材の家づくりの注意点

自然素材の家が流行っている わたしももちろん大好きだ。 無垢のフローリングと一般フローリングの素材感、足ざわりは全然ちがう 漆喰の壁とビニールクロスも全然ちがう
失敗しない家づくり

二世帯住宅で大切なことー親が元気に過ごしてくれること

母が80歳を過ぎて、痛感することは、 この先長く、元気でいてほしいということ。 母が健康でいられるために必要なことは何かと考えたら、 私と母がコミュニケーションを十分にとることであることだった。
タイトルとURLをコピーしました